ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2016.11.05 Saturday

Tokyo design week 2016に行って来ました。人間は形状をデザインしない #TDW2016

 Tokyo design week 2016に行って来ました。

 

 


 

 昨日とはうって変わって快晴、むしろ暑い天候でした。ライブ会場では元ちとせさんが歌っていて得した気分になりました。

 


 

 AR三兄弟のブースがあります。物件紹介会社CHINTAIと提携して、拡張現実空間の部屋の中に隠された謎を解き明かすイベントを作っていました。

 

 中に入ると机が用意されていて、その奥の正面の壁に映像が映っています。間取図がマーカーの役割をはたしていて、間取り図を回転すると、対応してそれを映している映像にCGが映りあがっていてARを体験できます。そこから、立ち上がっているCGがおそらくマーカーの役割をはたしていて、実際の壁のある部分とCGが重なるとイベントが発生するという、現実の物質と拡張現実の映像が連携する体験ができます。私は制限時間内にミッションをオールクリアし記念品のステッカーをゲットしました。


 

 ARといえば、「マーカーを映すとCGが出てくる」という機能が特徴ですが、そこから様々なプログラミングと合わさり発展し把握し切れない程になっています。VR(ヴァーチャルリアリティー)とは違う、と比較して話される事もありますが、まとめてMR(複合現実。Mixed Reality)と言った方がいいと思うし、SR(代替現実。Substitutional Reality)も認識した方がいいと思います。

 


 

 3DCGソフトを開発する会社、AUTODESK社のブースです。ソフトを開発するだけではなく、ソフトを用いて何をするかを企画、実際に制作し集大成実物を公開しています。また、ソフトを使って簡単な3Dモデリングを作り、3Dプリンターでプリントするワークショップも開催しています。
 

 建築。

 

 ベンツ社との提携で作ったコンセプトカー。

 

 

 

 人間の気分に反応して形状が変わる服。人と会って、その人が好きな人じゃないと煙が出てきたりするそうです。
 

 

 走っる衝撃を吸収するクッション部分を開発。
 

 沢山の被験者からウォーキング、ラン、ジャンプ等をした時に起こる衝撃のデータを収集し、そのデータを元に、プログラミングが衝撃に耐えられ且つ最軽量の構造をデザインしています。もう人間は形をデザインしない時代になっていくようです。デザイナーの仕事は必要なデータの選別等、どれだけの厳密な言語を持っているかが重要視されていくように思います。
 

 左側の丸いケースに入っているのは元素材。 

 去年青山で開かれたautodesk社の展示会にも、デザイナーが重力の数値を入れれば、自動的にその負荷に耐えられる建築構造物が出てくるというのがありました。それは人間の毛細血管のように有機的で、今まで見た事のある建築資材とは全く違いました。

 基本的にはそれと同じ要領でシューズの形は生まれたそうです。
 

 スタッフの方が沢山いるので質問すればどんどん丁寧に答えてくれます!


 

 建築家、藤本壮介氏のブース
 

会期は2016/11/07(Mon)までです。

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

2016.10.15 Saturday

「美術雑誌 SETSUDAN」第二号に私の作品を取り上げていただきました。

 現代美術家・彦坂尚嘉さんの提唱する切断芸術運動の小冊子、「美術雑誌 SETSUDAN」第二号で、私の作品を取り上げていただきました!誠に有り難うございます。作品は、切断芸術運動の理念に沿った4作品が掲載されています(AR1点、画像作品2点、アニメーション1点)。そして美術評論家の矢田滋さんによる作家論を書いていただきました。誠に有り難うございました。あと冊子完成まで私の送った画像の至らぬ点を補っていただいた糸崎公朗さんも誠に有り難うございました。
裏表紙からは彦坂尚嘉さんが書かれた「切断芸術運動」とはどういうものかについて書かれています。これは各号毎に連載で書かれていて、今回の主題は「縄文人の頭蓋骨と、弥生人の頭蓋骨の間にある切断面」です。全8ページですが文字数も多く内容もとても濃く十分に読み応えのある内容になっていると思います。

一冊300円です。ご希望の方は次回10月20日(木)逆三角関係展でお買い求めできると思いますのでよろしくお願い致します。
http://gyaku-sankaku.zombie.jp/kitaibunshi/

または私のほうにメール、チャットからでもご連絡ください。

mail→  nakagawa.shinsuke(アットマークに変更)gmail.com

どうぞよろしくお願い致します!

 

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

2016.09.25 Sunday

「ユーリー・ノルシュテイン監督特集上映『アニメーションの神様、その美しき世界』」の試写会に行って来ました。

 先日ご招待いただき、「ユーリー・ノルシュテイン監督特集上映『アニメーションの神様、その美しき世界』」の試写会に行って来ました。ロシア人アニメーター、ユーリー・ノルシュテイン監督の過去の作品が、オリジナルネガから2Kデジタルリマスター、磁気テープからデジタル化し直されました。

 

 画は四つ端の暗い陰が消え、ネガのノイズというか擦り、汚れは一掃され、霧の表現がより鮮明に深くまで現れて綺麗でした。色彩も色相がより鮮明になり彩度も上がっているように思います。鮮明になった分、手作業感が分かりつつハリネズミ等の動物の質感もより伝わる素敵な時間でした。 1970年代の旧ソ連の映画がスクリーンで観れる良い機会だと思います!

 

宮崎駿&高畑勲監督がリスペクト! ユーリー・ノルシュテイン特集上映12月開催

 

JUGEMテーマ:日記・一般

2016.09.22 Thursday

Niji TVさんに「tin bird」を取り上げていただきました。

ポルトガルで日本の文化、アニメーションを紹介しているNiji TVさんに私の作品「tin bird」を取り上げていただきました。誠にありがとうございます。ポルトガル語にも翻訳していただいて感謝しています。Ogata Tetsuoさんは日本語の名前ですが、これは彼の本名ではなく彼はポルトガル人です。しかし日本の事が大好きで日本語名を使っているそうです。日本のインディペンデントアニメーション作家にも詳しくて驚きます。彼はradioshowも運営しているそうなのでそれも見てみてください。よろしくお願いします。

 

Niji TV , that is to introduce animation and Japanese culture uploaded my work " tin bird " in Portugal. Thank you very much. It is also translated into Portuguese am grateful . "Ogata Tetsuo" is the name of the Japanese, but this is not his real name . He is Portuguese .But he love Japan of it , it is so he is using the Japanese name .I am surprised he is in detail in Japan of independent animation artist . Please try it also therefore seeing that so he is also operated radioshow. Nice to meet you.

 

 

http://naritaruc.blogspot.jp/

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

2016.08.22 Monday

逆三角関係展vol25に参加させていただきます。

今度の木曜、8月25日の逆三角関係展vol25に参加させていただきます。私は自分のレントゲン写真を使った新作です。どうぞよろしくお願い致します!

 

これは普通にレントゲン写真。

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

2016.08.21 Sunday

中野に打ち合わせ

中野に打ち合わせに行った後、ブロードウェイに行ったら、カイカイキキプロデュースのpixiv zingaro で椎名高志先生の原画展やってました(撮影可) ゴーストスイーパー懐かしいな〜

中野駅北口が新しくなってる… 南口にあった初めてカメラ買った店も無くなってる

 

 

 

 

 

 

 

2016.07.27 Wednesday

MRI検査

 初めてMRI検査を受けました。狭い筒の中を入りましたが、先が筒状で開いていたので圧迫感も無く済んだ。予約から最速で12日後という混み具合、行ってみたら随分空いている

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

2016.07.25 Monday

拡張現実の認識が一瞬で拡張する現実

 拡張現実ゲームですね さっきまで「AR(拡張現実)」を説明しても相手の反応薄かったのに、「ポケモンGOの事です」と言えば一気に理解されるという時代の変わり目を実感してます。
 

 

 

もうこんな分厚い理系の本を何冊も読まなくてもサクサク遊べるわけです。しかしポケモンGOでは出来ないコンテンツの差異にも気付けてそれはそれで面白い。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

2016.05.24 Tuesday

作品売れました

作品を購入していただきました!今度はL版とA4サイズと合わせて買っていただきました。

 
 

本当にありがとうございます。励みになります。また頑張ります。
L版は現在400円、フレーム付きの場合は+100円(※縦構図の作品のみ)です。よろしくお願い致します。
http://nakagawa.buyshop.jp/
 
JUGEMテーマ:アート・デザイン
2016.05.23 Monday

先日のオークションで、作品が売れました

先日のオークションで、作品が売れました!嬉しいです、本当にありがとうございます。500円(フレーム付き)スタートでしたが、いきなり「1000円!」と言ってくださる方もいました。作品を家庭の中でどのように飾るか話してくださったのは有り難く、あぁこれで制作が完成したと思って聞いてました。
沢山持って行き選択肢が有ったので「競りにならない」という事態もありましたが、一点は競ってくれました。オプションでフレームも付くようにしたのでそれもよかったのかもしれません。
ウェブサイトでも購入できるように随時載せていくのでよろしくお願い致します。

http://nakagawa.buyshop.jp/

 
 
Powered by
30days Album